詩集

あのとき母は、このとき父は、そして兄はと・・・・・

いつまでも、いつまでも思い出す。

笑っていたね、怒っていたね、悲しそうな顔をしたね。

春が来て、夏が来て秋が来ても、いつも其のときを記憶している。

梅の花も、桜の花も、紫陽花も、

さわさわと田の面をわたる風さえも、

夏の花火も、その時々の太陽のぬくもりも、

風のにおいも、

みんな、みんないつまでも消える事の無い

大切な、息苦しくなるような大事な記憶。

一緒にすごした時間、戻ることの無い時間。

伏せている枕辺で心配そうに覗き込んでいたね。

受験合格を我が事のように喜んでくれていたね。

成人式、目を細め祝ってくれたね、

結婚の衣装合わせ一生懸命だったね。

どんなに遅くても門の外で、いつまでも見送ってくれていたね。

土まみれで、太くってしっかりとした手 これは働いた手だよって、笑っていた。

もう少しだけ、一緒に居たかったね。

もう少しだけ、あなたの家族のぬくもりの中に、

今日の一日が明日につながるメモリー

大切な生きた証 


大切な方を送るということ、人には出会いがあって別れが来るという事

納得した別れなんて決して無いと言う事、でも必ず訪れる別れに区切りをつけなくてならないと言う事、誰もがわかっている。

私たちはしっかりとその心を受け止めて、大切な人を送るお手伝いをしたいと思っております。悲しくても辛くても、しっかりと送ってあげたいという家族の思いを、安心して臨めるよう最善を尽くして、ご相談に乗りたいと思います。


一緒にすごした時間、戻ることの無い時間。

伏せている枕辺で心配そうに覗き込んでいたね。

受験合格を我が事のように喜んでくれてね。

成人式、目を細め祝ってくれたね、

結婚の衣装合わせ一生懸命だったね。

どんなに遅くても門の外で、いつまでも見送ってくれていたね。

これは働いた手だよって、笑っていた。

もう少しだけ、一緒に居たかったね 。

もう少しだけ、あなたの家族のぬくもりの中に、 今日の一日が明日につながるメモリー


大切な生きた証 

人には出会いがあって別れが来るという事 納得した別れなんて決して無い言う事、

でも必ず訪れる別れに区切りをつけなくてならないという事、

誰もがわかっている。 私たちはしっかりとその心を受け止めて、

大切な人を送るお手伝いをしたいと思っております。

悲しくても辛くても、しっかりと送ってあげたいという家族の思いを、 安心して臨めるよう最善を尽くして、ご相談に乗りたいと思います

▲ページトップへ戻る
24時間受付しています。
本社
セルモ天河
お問合せフォームはこちら